【よく勘違いされること】離島移住すれば人生ラクになるは大間違い

【よく勘違いされること】離島移住すれば人生ラクになるは大間違い

こんにちは。スグルです。

タイトル通り、今回はよく勘違いされることについて記事にしたいと思います。

これも、前々からボヤ〜っと思っていたことなんですが、改めてまとめたことないな〜と思いまして。^^

前からめっちゃ勘違いされてる

小笠原に移住して7年目、生活はとても楽しいです。

ぼくはここが大好きです。

島にはコンテンツがもりだくさんだし、素敵なひとたちから刺激を受けています。

さて、自然がたくさんあって、ひとも良い、スローライフを満喫・・

ストレスフリーで最高な人生・・

 

んなわけないですよね。笑

「そっちは自然がいっぱいあるんでしょ〜」

「海キレイなんでしょ〜」

「おれも仕事やめてそっちに行きてぇよ・・」

内地の友達にもうさんざん言われました。

結論から言うと、そんなことありません。

海はキレイですが、海がキレイ・自然が豊かなことが人生の充実度に直結・・しません。笑

そりゃ色々ありますよね。笑

みんなが抱く幻想と違うこと

ささ、みなさまの素敵なイメージを壊していきたいと思います。

あ、最後の方にフォローも書くので、読んでくださいね。

結局、社会の縮図である

日本全国、どこ行っても社会は社会ですね。

小さい島でも、小さいながらに社会があります。

起きうることは、基本内地にいるときと変わりません

先日は仕事が大変忙しく、朝7:00から働いて気づいたら日付が変わってました。笑

そりゃ嫌な上司もいる

嫌な上司くらいいます。めんどくさい同僚もいるでしょうね。

働く会社によっては、そりゃいるでしょう・・

幸いぼくは職場には恵まれたのであれですけど。

こんな離島で、友達と飲みに行って仕事の愚痴をこぼすときもありますよ。笑

鬱になって内地に帰ったやつもいます。マジです。

しかも逃げられない

しかもその嫌なひとから逃げられないんですよ〜・・笑

逃げきれません。

例:社長にお疲れ様でしたと言って退勤、3分後にスーパーで会う。「あ、お疲れ様でぇす」

みたいな。笑

もうこれしょうがないですね。スーパー2つしかないし。

しかも向かい合ってるし。

隠れられない

逃げられないので隠れることも難しいです。

だれがどこ住んでるかは大体わかるし、引きこもりたい気分でも食べ物買いにスーパーまで行かないといけません。

仕事で鬱になった友人がいましたが、かわいそうに、せめて誰にも見られずに引きこもれたらよかったのに。。。

と思いましたね。

長期的に引きこもるのは無理ですね。

外にでりゃ、100%友達にどこかしらで会いますが、年がら年中「あ、やっほー♪」っていう気分でもないですよね。

しかし、スーパーになんか行っちゃったらもうヤッホー攻めです。

原チャ乗っても道が1本なんで100%誰か友達とすれ違うし。

女の子をデートに誘えても、100%目撃されます。笑

「お!あいつ狙ってんのか!フゥフゥ♪」

悪事千里を走る・・

悪い噂は信じられないほどに広まるのが早いです。笑

瞬殺です。

あと、ゴシップもかなり早いですね。笑

いかんせん、話すネタが少ない離島なんでね、話題にはもってこいですよね。

ある意味、やらかすと住めなくなる(超住みにくくなる)ので、安全っちゃ安全ですけど。

小さいコミュニティに慣れてないひとは、この感覚を掴むのにちょっと時間かかるかもしれませんね。

ネットショッピングですら遠い

一昔前はネットがなかったから、そのときの小笠原は本当に今とは違かったんだろうなと推測できます。

だって今はスマホでAmzonプライムも観れるし、twitterもあればLINEでずっと無料で友達と電話もできるしね。

まぁ、この島でそんなことばっかりやってもしょうがないけど。笑

えと、唯一の来島手段、おがさわら丸は1週間に1便なんですよ。

なんで注文するタイミングや業者の発送のタイミングによっては最長で10日間くらい荷物待つことになります。笑

なにを隠そう、ぼくが先日久々にやらかして注文ミスったんですよ。

コーヒーが好きなので、研究がてら丸山珈琲さんでネットショッピングして、
珈琲は鮮度が命なのでギリギリで船乗せたいんですよ。

「う〜超ギリギリ乗るかな〜〜・・汗」

みたいな感じで高いコーヒー何個か注文したんですけど、ギリギリ船乗らなかったんです。

マジめっちゃガン萎えチョベリバ。

あ〜〜〜〜〜〜〜あ
って感じです。

ギリギリで船に乗らないパターンは、つまり一番待ちが長くなるってことなんです。泣

ネットショッピングですら遠いです

自分で楽しめないと一瞬でつまらない場所に

先日、たくさんアクセスをいただいたこの記事

 

【離島移住】自然しかない場所で最も大切なのは楽しもうとする意識だと断言します

に散々書いたんですけど、自分で楽しもうとすることが出来ないひとは一瞬でつまらなくなります。

一時期ぼくもなりかけたことあります。

島の奥深さやコンテンツの多さ、遊びの種類、、、大して知らないくせに知ったような気になっちゃったんですね。昔のぼく。

子どもが生まれたことがきっかけでそこを抜けて、今は

こんなコンテンツに溢れてるとこはねェ

って断言できます。

なので、基本自分で楽しもうとすることが出来ないひとは、この島に来ても「あ〜小笠原ね、海キレイだった!」で帰っちゃいます。残念。

デメリットはこの辺に…それでもぼくがここに住む理由

さんざん大好きな島の悪口を書きましたが、笑

それを上回る楽しさがあるから定住しているってことです。

逃げれない隠れらない、知り合いにどこにいても会ってしまう、、、

裏を返せばいつでも友達と遊べるってことです。

いつも溜まり場みたいになっている広場に、とりあえず行けばだれかしら居る。

子ども連れてくのがぼくの日課ですが、友達の子どもとすぐキャッキャ遊んでくれます。

嫌な上司の話もたくさん聞きますが、本当に嫌でなおかつ島にまだ居たいひとは転職してますね。

技術身につけて、内地で活躍するひとも居ますが。

確かに内地の友人に言われる通り、自然はすぐそばにいつでもあります。

住んだら当たり前になってしまいますが、やっぱり、こんなに雄大な自然があるのは素敵なことですよね。

自然以外にも、戦跡や釣りなど、コンテンツに溢れています。

真夏の夕暮れ、SUPしてるだけでもはや極上の時間です。

それ以外にも、やはり人との距離が近いことは、活かせれば素敵なことです。

友達たくさんいるし、すぐにおしゃべりできるのは良い感じですよね。

こいつらと長くこの島に住んで遊んでいきて〜な。と思えます。

指折りの大切な友人にも出会えた。

真夏のキラキラとしたこの島と、ここで出会った友人たち、ここでの遊びが好きなんだなと。

離島移住すれば人生ラクになるわけではない。が、活かせれば最高

さんざん書きました。

自然豊かな場所に移住したからと言って人生がラクになるわけではないです。

そんな簡単な話じゃないですよね。笑

が、満員電車や排気ガス、狭い空、見えない星、内地特有の人間関係、、、

とオサラバできるのは間違いないです。

狭いところの暮らしは、上手くやれれば最高です。

活かせることができたら、もうたまらないです。

あなたの人生がもっとワクワクしますように!