今回の旅のコーヒーアイテムは3点のみ!身軽が一番でしょ!

今回の旅のコーヒーアイテムは3点のみ!身軽が一番でしょ!

こんにちは。スグルです。

長期休暇ということで、コーヒー好きには苦しい点となるのが「何を持っていくか」ですよね^^;

どれも大切なアイテムなので選ぶのに苦しみますが、荷物が増えてもしゃーない・・

色々考えた結果、削りに削って3点に抑えました。実際は4点ですが、ちと軽く書いてみたいと思います。

旅のときは荷物が多かった

バックパックにペーパードリップのセットとフレンチプレス、豆を入れて持ち歩いてました。

40〜45Lのバックパックがこれで大体埋まります。笑

そのときはもう削れなくて、苦とすら思わなかったけど、今は絶対そんなことしたくないです。笑

40L埋まっちゃたら前に30Lくらいの背負う感じ?衣類とか。

いやいやキツイっしょ・・・

確かに宿で出会うひととか、オーナーにコーヒーを振舞って喜ばれてましたが、いや〜今は無理だな。

よくやってたな。笑

今回は1ヶ月以上家を空けるという爆弾休暇。こんな休暇とれるのぼくが働いてる会社くらいでしょうね。笑

まだ子どもが小さいので荷物も多いです。子どもに背負ってもらう小さなリュックの中身はギャグでオムツとお菓子。

可愛いですな。

子どもの分の荷物は必然的に親が持つわけですが、40Lのバックパック一個コーヒーに捧げちゃあ、カミさんの顔色悪いっすよね。無茶無茶

もともと荷物が少ないの好きだし、自分史上最大の歴史的な断捨離もしたことあるし、以前はバックパッカーやってて荷物の少なさの重要性を理解していたため、今回は激しく荷物減らしました。

徳島県に長いこと滞在するのですが、コーヒー道具も、「居る間カッピングだけでいいや」と思ってポーレックスの手挽きミルとスケールだけにしようと思ってたんですが、ちと寂しいなと。

今回はフレンチプレスに活躍してもらうことにしました。ちなみに普段はフレンチプレスほぼ使いません。ペーパーの味が気に入ってるので8割ペーパードリップ。

まとめた記事は↓こちら^^

旅のお供のコーヒー道具はフレンチプレスが最強で間違いない

たまにネル。

今回選んだ珠玉のコーヒーアイテムたち

さ!ささささ!

今回の選抜チームのご紹介です。

この辺はコーヒーに詳しくないとあまり面白くないかもしれませんが、アイテム紹介系はなんか好きなので書いちゃいます。

いってみよー

みるっこ

でました!フジローヤルみるっこ!

定番中の定番!

カリタのナイスカットミルを首位争いが絶えないみるっこ先生。

ぼくは両方使いましたが断然みるっこが好きです。

まずメッシュ(挽いた粉の粒度)の揃い具合がもう素晴らしいです。

かなり雑味減るし、味が丸くなります。

静電気対策さえあれば、マジで最強ですね。挽く速度もクソ速い。

今回、持ってくいくのほんと考えましたが、「徳島滞在中は必要じゃね?」となったので送りました。

結果、大正解。

もうみるっこラブ。マジで

この子はナイスカットと大きさが大差ないのに5kgとけっこう重いですが、安定感が違います。

ていうかもう、やっぱメッシュの均一性がいいよね。

今は朝の6:45ですが、さきほどもシュインと挽いてくれました。

今は¥48,000くらいしますが、ぼくはナイスカットからこっちに変えて良かったと思います。

スケール(HARIO V60)

これは大して荷物にならないのでもう、マストアイテム。

ミルが味わいの繊細さを左右する一番のアイテムだとコーヒー屋の方々は答えると思いますが、スケールはその安定を約束するもの。

こいつはもうぼくのコーヒーライフになくてはならないものなので、間違いなくどこにでも持っていきます。

サーバーに目盛りが付いて入ればそれでもいいですが、サーバーを持っていかなきゃならんので荷物。

結局スケールなら、そのへんの鍋をサーバー代わりにドリップしてもどのくらい抽出したかわかります。

豆のグラム数と抽出量が計れればどこでも安定した抽出ができますね^^

ぼくが買ったコーヒーアイテムで、大成功だったのがみるっことHARIOのスケールです。

最初は昨今のスタイリッシュなコーヒー屋がカッコつけてスケール下に敷いてドリップしてるだけかと思っていましたが、全然違いますね。うん。

良いミルとスケール、セットあるともう一気に自分のコーヒークオリティが上がりますのでおすすめです。

マジで一気に上がります。

フレンチプレス

さ、今回の旅一番の主役、フレンチプレスくん。

とにかく荷物を少なくしたいがために、フレンチプレスにしました。

お湯と粉だけなのでお手軽ですね!

フレンチプレスのこってりとした味も良いですが、ペーパーも捨てがたい。

ペーパーは近くに住んでる義母が持っていたのでなおさらよかった♪

徳島にいる間はカッピングだけでもいいかなと思ってましたが、そんなわけにもいかないですよね。

カッピングに近いのもフレンチプレスだし、味をみるって点では抽出にブレがないのでokっすね。

ポーレックス(手挽きミル)

こちら番外編です。

一応、バックパックに忍ばせておきました。

まず出番はないでしょうけど、ポーレックスはスタイリッシュでコンパクト。

さすがアウトドア用。

これくらいだと大した荷物にもならないので念のため持っておきました。

もう長いこと使ってません。笑

基本的にアウトドアでコーヒー淹れにいくとかやらないので、もうコーヒー淹れるのは自分お家のみ!

外では買ったコーヒー飲みます。てかそれが楽しみです。

ビーチとか山とか、アウトドアで自分で淹れるのもかっこよくて美味しいし、オサレですがめんどいのでまずやりませんねぼくは。

家で真剣にやりたいタイプです。(?笑)

まとめ

いや〜フレンチプレスライフも悪くない。

いつもは一回お湯を落ち着かせて90度くらいのやつでぶっ込むんですが、なんかめんどくて沸騰グラグラのやつ淹れてるんですけど、ちょっと苦味が強くでますね。

多分湯温のせいですね。

フレンチプレス研究してスタイル決めようかな!

て感じで、みるっことスケールとフレンチプレスのみ!

楽です!